和牛オリンピックの風景

和牛の日本一を決める「和牛オリンピック2017」

 

平成29年9月7日(木)~11日(月)までの5日間

全国の和牛の日本一を決めるイベント

「第11回全国和牛能力共進会」が開かれました!

5年に1度しか開かれないプレミア感から

「和牛オリンピック」なんて言われたりして、完全に便乗してますね!

 

今年の開催は宮城県で、全国を持ち回りで行っています。

今年の和牛オリンピックには5日間で41万7000人も観客動員してるのだとか…。

経済効果はんぱねーな。

そんな感じで今日は

今年の和牛オリンピックについてまとめて

次回5年後の和牛オリンピックにむけて

“肉モチベーション”

通称“肉ション”

を高めていきましょう!

 

和牛オリンピックって??

「全国和牛能力共進会」

通称「全共」

和牛の品質を色んな部門で審査して

日本一を決める大会です。

神戸ビーフ・米沢牛・宮崎牛・岡山の千屋牛も!

全国のブランド和牛が集まる

肉好きにはたまらないイベントです!

屋台もたくさんあり、焼肉や牛串など

全国のブランド牛がリーズナブルに楽しめるのも魅力ですね!

 

 

和牛オリンピックの歴史

今年で11回目を迎える和牛オリンピック。

過去の開催地年表はこうだ!

開催地
1966年(昭和41年) 岡山県
1970年(昭和45年) 鹿児島県
1977年(昭和52年) 宮崎県
1982年(昭和57年) 福島県
1987年(昭和62年) 島根県
1992年(平成4年) 大分県
1997年(平成9年) 岩手県
2002年(平成14年) 岐阜県
2007年(平成19年) 鳥取県
10 2012年(平成24年) 長崎県
11 2017年(平成29年) 宮城県

第1回って岡山やん!?

やっぱ岡山すごいな。うん岡山すごい。

日本最古の蔓牛(つるうし)「千屋牛」おるだけあるな。

ちなみに第12回は鹿児島開催だそうです。

(なんで鹿児島2回目なん!?順番的に岡山やろ)

 

過去の成績。九州が強い!宮崎は今年勝てば3連覇?!

過去の成績についてもまとめてみました。

開催回(場所) 種牛の部 肉牛の部 団体賞
1回(岡山) 岡山 岡山
2回(鹿児島) 大分 鹿児島
3回(宮崎) 島根 島根
4回(福島) 広島 鹿児島
5回(島根) 広島 島根
6回(大分) 鹿児島 兵庫
7回(岩手) 岩手 静岡
8回(岐阜) 岐阜 大分
9回(鳥取) 宮崎 宮崎 宮崎
10回(長崎) 宮崎 長崎 宮崎
11回(宮城) 大分 宮崎 鹿児島

九州強!!

ここ3年は全部門で九州独占状態やな…。

ちなみに、

種牛の部とは

肉付きや毛並みの良さ

肉牛の部は

そのまんま肉質の良さ

が評価対象です。

んー。過去の成績見てると

なんかホームアドバンテージない!?

 

宮崎は「内閣総理大臣賞」を史上初の3年連続受賞!すげー!

 

 

これからの和牛オリンピック

黒毛和牛

みんな“肉ション”はあがってきたか!?

 

この大会で名誉な賞を取ることで

牛の販売価格や県全体のブランド力向上になるんです。

農家の皆様は

牛の輸送中にストレスをかけないように工夫したり、

角や蹄に椿油を塗ったり、

一頭に一台扇風機を設置したり、

我が子以上の愛情をかけて育てているそうです。

僕は我が子が1番かわいいです

 

農家の皆様が切磋琢磨することによって

肥育技術が向上し

私たちもより安全でおいしい牛肉が食べられるようになります。

みんなで和牛オリンピックを応援しよう!

次回は鹿児島です。遠。

 

 

そんな和牛の希少部位を楽しめる♪

お歳暮やギフトにどうぞ↓

たまち焼肉センター肉の一 BASE店