焼肉の盛り合わせ

焼肉におすすめの牛肉部位 肉の一のメニュー①ザブトン

 

牛肉にはいろんな部位があります。

部位によって肉質が違うので、適した調理法もあるし、味わいも違います。

今日はそんな数ある部位の中から肉の一のメニューにもある部位を紹介していきます。

もし手に入ったらお家で焼肉パーティー!肉の一に来てくださる方はお店で食べてみよう!

 

 

ザブトン

ハネシタ

今日紹介する部位は

「ザブトン」です。

別名を「ハネシタ」と言います。肩ロースの一部で「三角バラ」や「リブロース」に隣り合っています。

へんな名前ですが、由来はそのまま。切り出した形が座布団に似ているから(まぁただ四角いだけでザブトンには見えない。昔の人は想像力が豊かだなぁ)

形が整えやすくとてもキレイなサシが入っているので、ギフト用のすき焼きやしゃぶしゃぶによく使われます。

脂肪分はしつこすぎず、三角バラとかよりあっさりしています。お店によって、特上カルビか特上ロース、どっちで出してくるか分かりません(たぶんカルビで出してくる場合の方が多い。

タレは甘めの醤油ダレで食べるのがおすすめ!「良い肉は塩で」みたいな人がいますが全然分かってません。ザブトンはタレや。肉の一では「すき焼き卵ダレ」をご用意しておりますので、ぜひすき焼きダレで食べてみましょう!

でも常連のお客様で塩派の方がいらっしゃってブログを読んで下さってたみたいでちょー焦った…。もちろん塩が好きな人は塩にしましょう!塩が悪いわけではありません!!(速い変わり身が大事(ダイエット中の人もタレは糖分が含まれているので塩がいいですね

 

 

 

厚切りだけが正義じゃない!?

和牛と野菜

みなさん厚切りの焼肉が好きだと思いますが、ザブトンに関しては

薄切りでかるくタレが付いているのがウマイ

肉の一でも焼肉の厚さは大事にしていますが、ザブトンなどは少し薄めにしています(ケチってるわけじゃないよ

ちょっと薄めに切ったザブトンを

片面だけ焼く

これがマジでウマイ。焼肉において焼き加減ってものすっごく大事なんだけど、片面焼きは失敗の可能性が限りなく低い!なのでお店でも片面焼きを推奨しております(ほぼ100%の人が「ウマイ!」って言う(そりゃそーだ

せっかくの良いお肉が焼きすぎて台無し!って事になると、お客様もお店も損してしまいます(そんなんで「あそこの焼肉屋はマズイ!」とか言われたらたまらん)なので焼き加減が分からない人はガンガン店員に聞きましょう!!できる時は僕が直接焼きます。

 

 

ザブトンって希少部位?

最近よく耳にする「希少部位」。

明確な定義がないのでよく分かりませんが、ザブトンは確実に希少部位です。

なぜなら

どの焼肉屋も欲しがる美味しい部位だから。

けど肉屋さんもザブトンだけ売ってしまうと、その周りにある部位がどんどん余っていきます。なのでザブトンを手に入れようと思うと肩ロースを丸ごと買わなければなりません。そしたら焼肉に向いてないスジっぽい肉もいっしょに仕入れるハメになってしまいます。そうするとリスクが高いので値段も上がります。

ところが肉の一は独自の仕入れルートで美味しいザブトンだけを仕入れることに成功しました。肉の一がリーズナブルに希少部位のザブトンを提供できる理由です。

 

 

 

まとめ。ザブトン食べるなら肉の一

いかがでしょうか?

またひとつ焼肉に詳しくなりましたね。焼肉マスターへの道はまだまだ!

次回は「三角バラ」の紹介をします。

 

そんなザブトンを使用した希少部位焼肉セットはこちらから!!

※仕入れ状況によりザブトンが入らない場合があります