焼肉の盛り合わせ

飲食店で起業する人へ その①

 

飲食店で勤めている人は

「独立」

ってほとんどの人が考えた事があるんじゃないでしょうか。

でもその中で本気で考えている人は少数だと思います。

大多数の人間が口では独立とか言ってるけど何も行動を起こしていない。

これから独立する人へ、約10年飲食企業に勤めてきて、独立した経験から僕の考えを伝えます。

 

「趣味」でやんのか「ビジネス」でやんのか

最初の分かれ道にして最大の分かれ道。

この第1歩目で間違う人が多い気がします。

 

まず「趣味」でやる人。

そもそも趣味でやってんだから他人に何も言われる筋合いはありません。

料理の味がどうだとか、サービスがこうだのとか、内装・設備がああだのとか

何を人から口出しされても、全く気にすることはありません。

だって趣味だから。

人の趣味にどうこうケチつけられたくないですよね!?

自分の思う通りにしたらいいし、誰の意見も聞かなくていいです。

その代わり、利益について求める事はできません。

だって趣味でやってんでしょ!?

好きだからやってんでしょ?だったら利益なんて二の次、三の次じゃ!?

 

次に「ビジネス」でやる人

ビジネスでやるからには結果が全てです。

結果というのは利益です。

利益というのは売上−コスト

つまり売上を最大化してコストを最小化する事。

自分の美味しいと思う料理より、売れる料理を作らないといけないし

自分の好みじゃなくても内装・雰囲気を変えないといけないかもしれません

販促活動をしては、日々、原価率・人件費などのコストとの闘いです。

けど、そんな過程をいくら頑張ったところで結果がすべて。

一生懸命頑張って結果が出ない(利益が出ない)人より、ラクそうにしてて結果を出す人(利益を出す人)の方が価値があります。そんな世界。

 

よくいるパターンで

「お客さんに喜んでもらえたらそれで満足なんだ」

とかバリバリの「趣味でやりまっせ宣言」をしておきながら、

半年後に広告打っちゃう人。言ってる事とやってる事が全然違うやん。

 

そうならないようにどっちでやるのか、最初にはっきりと決めましょう。

 

 

ビジネスでやる人は何を売るべきか考えよう

趣味でやる人は終了です。僕から言う事は何もありません。

僕は人の趣味にアドバイスできるような高尚な人間ではありませんので。

ではビジネスで飲食店をやる人は何を売るか

ここで間違いやすいのは自分の今までやってた事からだけで考えるパターン

それよりも

何をどのように売ったら利益が最大化するか

から考えるべきです。

僕はイタリアンに10年近く勤めてきて、イタリアにも1年住んで修行しました。

けど最初に独立したお店は焼肉屋。

理由は、その方が売れると思ったから。

「俺は今までイタリアンの道1本でやってきたから、、、」

なんてクソの役にも立たないプライドは捨てて、ゼロベースで売れるものをやっていきましょう。

ちなみに焼肉経験は高校生の時にバイトしてたくらいでほぼゼロ。

2号店のかき氷に至ってはオープン決まってから初めてかき氷削りました。

こんなに情報が溢れている現代では、本来経験や伝承だけでしか知る事のできなかった技術やノウハウに、簡単にアクセスできます。寿司の握り方なんてユーチューブ見ればできるようになります。

一番価値があることは行動する事。やってみないと分からない事の方が圧倒的に多いはず。

 

まとめ

・趣味なのに広告うつな

・かき氷ビジネスは固定費次第か

 

また飲食業界について気づいたことがあれば書いていきたいと思います。