焼肉屋が教える!!焼肉の美味しい焼き方5つのテクニック

炭火焼肉

 

焼肉最高!!

みんなで集まってワイワイ焼肉ってマジで楽しいですよね。

楽しいと話も盛り上がり、ついつい焼きすぎちゃったり…

かぼちゃとホルモンってかなりの確率で焦げてますね。

肉の一のお客様でもよくおられます。

楽しんでいただいているのは嬉しいのですが、お肉…もったいない…和牛じゃなくてまだよかった(汗)

 

そこで今回は、「焼肉屋が教える!焼肉の美味しい焼き方5つのテクニック」を紹介いたします。

 

1.サシと厚みで焼き加減を変える

サシの入り具合で分けると

赤身肉はさっと軽く

サシが入った肉はしっかりと香ばしく

 

厚みで分けると

薄切り肉はなんなら片面

厚みのある肉はじっくり焦らず

が基本。

赤身肉は焼きすぎると固くなるし、サシの強い肉は脂までしっかりと焼かないと

脂が焼けてなくてキモくなる。何でもかんでもレア!ってのは損してますよ。

 

 

2.火加減を調節する

焼肉にはガス火炭火のパターンがある。

ガス火であればテーブルについてあるダイヤルで火力調整できますね。

しかし、炭火では火力の調節はできません。そこで、炭と肉との距離で調節します。

距離が近ければ強火、遠ければ弱火ですね。

あと七輪のフチなんかに置いておくと、「火は通らないけど肉が冷めない」なんて保温もできます。

お肉の厚みや特製を知って

強火で焼くか、弱火で焼くか

考えて焼くとさらに美味しくなりますね。

そもそもテーブルの肉を「網に乗せれるだけ乗せる!」なんてのは論外。彼女に嫌われますよ。

 

 

3.低温調理

肉が固くなる理由は「約60℃で肉のたんぱく質が凝固し始める」から。

60℃以下で火を通すと、「生ではなく火が通った状態だけど柔らかい」みたいになる。つまりレアって事

料理人がステーキを焼く際には当たり前に使ってる技法です。

厚みがあるお肉や、塊で出てくる肉に使えるテクニック。

上手にできれば、肉がパサつかず肉汁たっぷりに焼き上げれますよ!

さっきの出てきた、七輪のフチなんかに置いて休ませながら肉の内部温度が上がりすぎるのを防ぐのがコツ!

 

 

4.良い打順を決める

基本は塩ものからタレもの。最初がタンで最後に高級部位。

なんてセオリーが多いと思いますが、そんなんでは焼肉を最大限楽しめてません!!

焼肉には最初に4番を持ってくるべき!!「1番 ファースト バース」なんです!

なぜかと言うと、食べ進んでいくうちに脂で胃と味覚が疲れてくるから。

僕だったら1番バース 2番掛布 3番岡田 ですわ。

 

5.店員さんに聞く!!

ここで紹介できてないホルモンなんかはそれぞれで焼き方が違ったりします。

おんなじ赤身でも切り方やメニューによってベストな焼き加減が違うでしょう。

なんで店員さんに聞くのが1番!! 

なるべく店員さんに話しかけやすい席を選びましょう。

ほんで、もし分かってない店員がいたらこのブログでも読ましといてください。

 

 

以上、いかがでしたでしょうか?

実際に僕が焼肉行った時に気を付けてる事です。

これであなたも焼肉マスター!次の焼肉が楽しみですね!肉の一予約でもしといてください。

 

黒毛和牛の希少部位の色んなところを楽しめる焼肉詰め合わせ

ギフトにも最適です。↓

たまち焼肉センター肉の一 BASE店